どうも、田口です。

 

アフィリエイトは他人や他社の商品を紹介して報酬を得るといったネットビジネスなので、

その商品を紹介するためにはアフィリエイト用の媒体が必要不可欠になります。

 

 

アフィリエイト用の媒体がなければ、

商品を紹介するための情報を発信することが出来ないからです。

 

 

そしてそのアフィリエイト用の媒体は大まかに、

ブログやサイトなどの自分のオウンドメディアを構築するパターンと

ツイッターやフェイスブックなどのプラットフォームを利用するパターンの

2つに分類されます。

 

 

 

まず、ブログやサイトの場合、独自ドメインによる自分だけの媒体なので

自分の好きなようにカスタマイズできますし、

サーバー代を支払えば半永久的にネット上に存在させることが出来ます。

 

 

反対にツイッターやフェイスブックなどの場合は、

それぞれのプラットフォームを利用して情報を発信する形なので、

 

構築が楽な反面、それぞれの規約を守らなければならず、

それが無料でプラットフォームを利用するための絶対条件です。

 

 

つまり極端なことを言うなら、

運営元が黒といえばたとえ白であろうが黒になると覚悟するのが、

プラットフォームを利用する時の心構えと言えます。

 

 

つい昨日まではアフィリエイトが許されていたのに、

翌日には規約変更に伴いアフィリエイトが禁止になるなんてこともあり、

 

プラットフォームのみを利用してアフィリエイトで稼いでいた場合、

1日で収入が0になる可能性もあるんです。

 

 

ですので、アフィリエイト初心者の第一歩として

プラットフォームを利用したアフィリエイトの実践を、

僕は勧めていません。

 

 

詳しくはこちらの記事に書いてます。

 

 

せっかく右も左も分からない状態から頑張って稼げるようになったのに、

運営元のサジ加減で収入がなくなってしまうなんてダメージが大きすぎるからです。

 

 

それにプラットフォームを利用したアフィリエイトで稼げなくなってしまった後に、

1からブログやサイトを構築していくのは並大抵のことではありません。

 

 

ブログやサイトはプラットフォームを利用しないので、

自分の力で全て構築していかなければいけないですから。

 

 

稼ぎがなくなった上に1から別の媒体を構築していくのは、

モチベーション的にも時間的にも労力的にも大きな負担がかかります。

 

 

そうするとブログやサイトを作ったことのない初心者は高い確率で

挫折してしまうんです。

 

 

ですので、そうならないためには最初からブログやサイトを構築することが、

アフィリエイト初心者でも失敗せずに成功するための

重要なポイントになります。

 

 

しかし、アフィリエイト初心者がブログやサイトを1から構築して、

そこからアフィリエイトで稼ぐのが大変だというのも事実です。

 

 

ブログやサイトで稼ぐにはライバルと渡り合って、

検索エンジンの上位表示を得なければいけないですから。

 

 

検索エンジンの上位表示を得るためには、

SEO対策やキーワード選定などのスキルが必要になり、

それらはすぐに結果の出るようなものではありません。

 

 

SEO対策を効果的に行うにはテクニックや知識を学ばなければいけませんし、

キーワード選定も初心者にとっては一筋縄ではいかないからです。

 

 

それにそれぞれのスキルがある程度身に付いたとしても、

そこから実際に記事毎で上位表示を得るには、

文章力も必要になります。

 

 

検索順位を決める指標はユーザーに価値のある記事かどうかであり、

ユーザーにとって価値のある記事を書くには必然的に

文章力が重要になるからです。

 

 

このように、ブログやサイトを1から構築し稼ぐのは、

初心者にとっては決して簡単なことではありません。

 

 

 

となると初心者では、

ブログやサイトアフィリエイトで稼ぐのは

無理なんじゃないかと諦めてしまいたくなるでしょうが、

 

 

実はそんなときに有効になるのがツイッターやフェイスブックなどのSNSなんです。

 

 

そこで今回はそのSNSのうちの1つ、

フェイスブックについて話していきたいと思います。

 

 

フェイスブックとは?

まずフェイスブックについて軽く説明します。

 

Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。「FB」と略されることもある。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/Facebook#.E6.A6.82.E8.AA.AC

 

こちらを見て分かるとおり、

フェイスブックとは、実際の知り合いや友人とネット上で繋がり、

交流することを目的として開始されたサービスです。

 

フェイスブックの人気は衰えることを知らず、

現在、日本国内の月間アクティブユーザーは2700万人、

全世界では20億人もの人が利用しています。

 

また、フェイスブックは政治やビジネスにおいても高い影響力を持ち、

多くの政治家や企業が専用のページを作り、

それぞれの活動に活かしています。

 

他にも、2010年から2011年にかけてチュニジアで発生したジャスミン革命では、

情報交換のためにフェイスブックが大きな役割を果たしていたり、

2011年エジプト騒乱では4月6日運動と呼ばれるグループが

大規模デモやストライキをフェイスブックで呼びかけたため

「フェイスブック革命」と評価する人もいるようです。

 

このようにフェイスブックは一般のユーザーに対して

大きな影響を与えることが出来るSNSだということです。

 

フェイスブックをアフィリエイトで活かすには個人ページではなくFacebookページを使用する

しかし、フェイスブックは基本1人1アカウントのみしか所有することが出来ない上に、

実名登録が原則なのでアフィリエイトのようなネットビジネスには、

使用することが難しいと思われています。

 

 

有名起業家のように自分の名前でブランディングできる場合はいいのですが、

1個人が本名を明かしてネットビジネスを行うことにはやはり抵抗がありますからね。

 

 

実名で知り合いや友人に対してアフィリエイトを仕掛けていくのは、

誰もが避けたいはずです。

 

 

ウザがられるのは目に見えているので。

 

とはいえそもそも個人ページのアフィリエイトは禁止されているのですが。

 

 

 

「じゃあやっぱりフェイスブックなんて使えないじゃん」

 

 

そう思うでしょうが、

フェイスブックではそんなリスクを避ける方法があります。

 

 

それが

Facebookページです。

 

 

Facebookページとは、企業や団体などが宣伝用に作成するページのことで、

実は一個人でも作成することが可能なんです。

 

 

しかもその場合、個人のアカウントとは紐付けされることもなく、

個人ページの「友達」に気付かれることなく完全匿名で運営することが可能になります。

 

 

つまり、アフィリエイトでフェイスブックを活用したい場合には、

Facebookページを使うことによって知り合いや友人に知られることもなく、

完全匿名で運営することが可能だということです。

 

 

これを使わない手はありません。

 

 

しかし、上述したようにツイッターやフェイスブックなどのSNSは、

運営元の事情次第で一瞬で使えなくなってしまう可能性もあります。

 

 

ですので、フェイスブックなどのSNSを使用する場合は、

フェイスブックなどのSNSで直接アフィリエイトをするのではなく、

 

フェイスブックなどのSNSをブログやサイトへの集客の入り口として

活用するのが有効です。

 

 

そうすることで規約の変更でいざアフィリエイトが禁止になってしまっても、

影響を受けることなくSNSを活用していくことが可能になります。

 

 

それにフェイスブックからサイトやブログなどのオウンドメディアに誘導することは、

政治家や大企業も実施していることなので、

それが禁止になってしまうことはないはずです。

 

 

そんなことをしてしまったらFacebookページを利用するユーザーが

大幅に減少してしまうはずですので。

 

 

また、フェイスブックやツイッターなど、

SNSを利用するユーザーの目的は基本的に暇つぶしなので、

 

SNS上で直接アフィリエイトをしたところで

ユーザーにとってはただウザいだけでしかありません。

 

 

あなたもネットで何か商品を購入する時は、

SNSを使わずに検索エンジンで調べたり、

直接アマゾンなどのネットショップで調べることがほとんどだと思います。

 

 

このように、SNS上で商品を売ろうと思っても、

そもそもユーザーはそんなことを求めてはいないんです。

 

 

それにあまりにもあからさまにアフィエイトを仕掛けてしまうと、

ユーザーに通報され、すぐにアカウントを凍結されてしまいます。

 

 

ですので、SNSをアフィリエイトで活用するのであれば、

SNS上で直接アフィリエイトをするのではなく、

ブログやサイトへの集客用として活用するのが最も合理的なんです。

 

 

そうすることで、SNSそれぞれの強みを活かすことができるようになり、

たとえ初心者でも短期間でブログやサイトに多くのアクセスを集めることが可能になります。

 

 

Facebookページのアフィリエイト活用法

先程も言ったようにフェイスブックは原則1ユーザー1アカウントの実名登録制です。

 

つまり、フェイスブックは1アカウントごとに1人ずつ

リアルなユーザーが存在しているということになります。

 

 

他のSNSの場合は1ユーザー複数アカウントの所持が許されている場合が多い上に、

匿名登録もOKなので1アカウントごとに1人のユーザーのみというわけではありません。

 

 

そのことから、フェイスブックの1アカウントは他のSNSよりも

圧倒的に質が高いといえます。

 

 

フェイスブックではツイッターなどのように

気軽にアカウントを解約することがないからです。

 

 

さらにフェイスブックはリアルな友人同士が「友達」や「グループ」

という形で繋がっているため、

そこから拡散されていく情報は必然的に信頼度が高くなる傾向にあります。

 

 

他のSNSのように見ず知らずのユーザーからの情報ではなく、

実際に交流のある人物からの情報の方が信用できるのは当然ですので。

 

 

このようにフェイスブックで情報を拡散されれば、

質の高いアクセスを得ることが可能になります。

 

 

そしてアクセスの質が高ければ高いほど多くの反応を得ることができ、

多くの反応を得ることが出来れば必然的に収益化が容易になるんです。

 

 

フェイスブックユーザーの反応を得る方法

フェイスブックでは情報(投稿)に対して、

「シェア」を使うことで情報(投稿)を支持し拡散することが可能になります。

 

 

そしてその拡散された情報(投稿)を他のユーザーが

「シェア」をすることで、

更に情報(投稿)が拡散していくことになるんです。

 

また、「シェア」の他にも「いいね!」を情報(投稿)に対して行うことが出来ます。

 

「いいね!」と「シェア」では拡散度合いが変わり、

「いいね!」の場合はユーザーがその情報(投稿)に対して

「いいね!」と評価を付けるだけなので、

その情報(投稿)が他のユーザーのページに表示されることはありません。

 

 

ですが「シェア」の場合は、

ユーザーに「シェア」された情報(投稿)が

「シェア」を行ったユーザーの「友達」のページにも表示されることになります。

 

 

そしてその「友達」が更に「シェア」を行えば、

その「友達」の「友達」のページにも情報(投稿)を拡散することが可能です。

 

 

つまり「いいね!」を押された場合は情報が拡散することはありませんが、

「シェア」をされた場合はユーザーの「友達」だけではなく、

 

更にその「友達」にもどんどん情報が拡散される可能性があるということになります。

 

 

例えば最初に情報を「シェア」したユーザーに100人の「友達」がいた場合

「シェア」されることでそのユーザー+「友達」100人に情報が拡散され、

 

その100人の「友達」のうち10人が「シェア」を行えば

そのまた「友達」にも情報が一気に拡散されていくということになり、

 

最初の1人に「シェア」されただけでも、

その拡散力は驚くほどの広がり方をするんです。

 

 

となると情報(投稿)を拡散されるためには、

「シェア」の獲得さえ出来ればいいという事になりますが、

実はそう簡単なことではありません。

 

 

というのも、フェイスブックの個人ページは実名登録なので、

ツイッターのリツイートのように気軽に「シェア」を行うことがないからです。

 

 

何でもかんでも「シェア」してしまうと、

「友達」として繋がっているリアルの友人に嫌がられてしまうだけですので。

 

 

そのため、何か気に入った情報(投稿)があった場合、

ユーザーは「シェア」ではなく「いいね!」を選ぶことが多いんです。

 

 

そして、「いいね!」では個人ページ上にその情報(投稿)が掲載されることはないので、

それ以上拡散されることはありません。

 

 

ではどうすれば「シェア」を獲得する事ができるのか?

ということになるのですが、

実は「いいね!」だけでも情報を拡散する方法があります。

 

 

それがFacebookページの利用です。

 

 

というのも、そもそも上述した「いいね!」の役割は、

個人ページ間での役割なのであって、

Facebookページの場合はその効果が大きく変わるんです。

 

 

それがこちら。

 

  • Facebookページに「いいね!」を行ったユーザーはファンとして扱われる
  • Facebookページに投稿した内容はファンのニュースフィードに掲載される(個人ページのお知らせのようなもの)

 

つまりFacebookページに対しての「いいね!」は、

個人ページ間での「シェア」と同じような役割を果たすということです。

 

 

しかも一度「いいね!」を行ったユーザーのニュースフィードには、

その後Facebookページの更新をするたびに更新内容が掲載されることになります。

 

 

そして更に「いいね!」を行った情報(投稿)はファンのみならず、

その「友達」のニュースフィードにも掲載されるんです。

 

 

つまり、Facebookページでは「いいね!」を行われるだけで、

情報がどんどん拡散される可能性があるということになります。

 

 

上述したように、ユーザーにとって「シェア」を簡単に行うことは抵抗がありますが、

「いいね!」であればほとんど抵抗がありません。

 

 

”そんな抵抗の少ない「いいね!」をされるだけで

情報が一気に拡散される可能性がある”

 

 

しかもフェイスブックにおいての情報の拡散は、

実名登録のため高い信用度と関心度を伴った質の高い見込み客となり、

そこから得られる反応は他のSNSよりも格段に大きいものになります。

 

 

これこそがフェイスブック最大の強みといえ、

あなたに早めの活用を推奨する理由なんです。

 

 

また、Facebookページのメリットは他に、

 

  • フェイスブックの広告が使用できる
  • Facebookページに投稿した記事は検索エンジンの検索対象にもなる

 

といったものがあるので、

使い方次第では更に大きな反応を得ることが可能になります。

 

いずれにせよ、フェイスブックのユーザーをファンとして獲得する事が出来れば、

たとえ0からのアフィリエイト初心者であっても

短期間の間で多くのアクセスを集めることができ、

ブログやサイトのみの運営よりも多くの収益につなげることが可能です。

 

SNSを使ったアフィリエイトは一時期と比べると下火傾向にありますが、

それは直接SNS上でアフィリエイトを展開するのが難しくなっただけであって、

最初から集客用の媒体と位置づけて使用すれば今でも大きな効果を発揮することが出来ます。

 

そしてそれは僕が初心者に勧める動画まとめサイトにおいても同様なので、

 

 

あなたが動画まとめサイトを運営する場合にも、

是非このフェイスブックを取り入れてもらえればと思います。

 

それでは今回はこれで。

 

 

田口

 

 

コンテンツ一覧

 

田口智樹無料メール講座

 

ネットビジネスのネの字も知らない初心者が1から稼いでいくには

ブログではちょっと公開し辛い話。

人知れず稼いでいる師匠の話。

稼いでいるアフィリエイターの真実。

 

そんな話をメルマガ限定で赤裸々に語ってます。


詳細はこちらから