どうも、田口です。

 

僕は最近読書が好きです。

 

文字を読んでいるだけなのにどうしてあんなに頭の中に光景がありありと浮かぶんでしょうかね?

 

読書をしていると書籍の世界にグイグイと引っ張られて、

読んだ後には良くも悪くも必ず何かしらの影響を受けてしまいます。

 

文字だけであれだけ人間に影響を与える作家さんという職業は本当に尊敬の念しか湧かないですね。

 

たった一人の熱狂/見城徹(幻冬舎代表取締役社長)/幻冬舎文庫

ということで今回は、

「たった一人の熱狂」

著:見城徹(幻冬舎代表取締役社長)

刊:幻冬舎文庫

 

こちらを読んでみたので、その感想を書いていきたいと思います。

 

僕は「アナザースカイ」という番組が好きで毎週録画しているのですが、

先日、撮り溜めていた中から見城徹さんの回を見ました。

 

僕はそれまで見城徹さんという方を存じ上げなかったのですが、

一発でファンになってしまいましたね。

 

とにかく豪快の一言です。

 

1950年12月29日、静岡県清水市(現:静岡市清水区)生まれ。

静岡県立清水南高等学校を卒業し、慶應義塾大学法学部に進む。

大学卒業後、廣済堂出版に入社。自身で企画した初めての『公文式算数の秘密』が38万部のベストセラー。

1975年、角川書店に入社。『野性時代』副編集長を経て、『月刊カドカワ』編集長に。

編集長時代には部数を30倍に伸ばした。つかこうへい『蒲田行進曲』、有明夏夫『大浪花諸人往来』、村松友視『時代屋の女房』、山田詠美『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』、景山民夫『遠い海から来たCOO』の5つの直木賞作品を担当し、森村誠一『人間の証明』、五木寛之『燃える秋』、村上龍『トパーズ』等々のベストセラーを手がけた。

このカドカワ時代に、坂本龍一、松任谷由実、尾崎豊など、芸能人、ミュージシャンとの親交を培った。41歳で取締役編集部長に昇進。

1993年、取締役編集部長の役職を最後に角川書店を退社。部下5人と幻冬舎を設立、代表取締役社長に就任。設立後、五木寛之『大河の一滴』『人生の目的』、石原慎太郎『弟』『老いてこそ人生』、唐沢寿明『ふたり』、郷ひろみ『ダディ』、天童荒太『永遠の仔』、梁石日『血と骨』、向山貴彦『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』、村上龍『13歳のハローワーク』、上大岡トメ『キッパリ!』、木藤亜也『1リットルの涙』、山田宗樹『嫌われ松子の一生』、劇団ひとり『陰日向に咲く』の14作のミリオンセラーをはじめ、小林よしのり『新・ゴーマニズム宣言・戦争論1 – 3』、白川道『天国への階段』、細川貂々『ツレがうつになりまして。』、村上龍『半島を出よ』、渡辺淳一『愛の流刑地』、宮部みゆき『名もなき毒』など、ベストセラーを送り出した。

 

出典元:Wikipedia-見城徹

 

このようにまあ凄い人ということですね。

 

この「たった一人の熱狂」はトークアプリの「755」で見城徹さんにコメントを書いた一般の人に向けて、

見城徹さんが発した言葉を土台に、全面的に再構成して書き下ろしたものとなっています。

 

要するに「755」というSNSを通して発した見城徹さんの仕事観や人生観と受け取ってもらえればわかりやすいかと思います。

 

読んだ感想としては、

 

「なんて疲れそうな人生なんだ」

 

ですね(笑)

 

見城徹さんはとにかく常に熱い上に全力投球で何事も正面突破してきた方で、

これまで積み重ねてきた努力と結果はとてつもないです。

 

作家の五木寛之さんと仕事がしたくて、どんな短いエッセイであっても上下二巻にわたる長編小説の書き下ろしであっても、五木寛之さんの原稿が発表された時には、5日以内に五木寛之さんが刺激を受けるような感想の手紙を送って仕事を勝ち取ったり、

 

石原慎太郎さんと仕事がしたくて、初対面の時に石原慎太郎さんの著書2冊を目の前で全文暗唱しようとしたりと、

とにかくやることが普通は思いついても実行に移そうとは思わないようなことばかりです。

 

あなたが仕事に対して不満を持っていたりするのなら一度この「たった一人の熱狂」を読んでみてください。

必ず刺激を受けるだろうし、もっと努力しなければいけないと思うはずです。

 

たった一人の熱狂/見城徹/幻冬舎文庫/の響いたところ

この「たった一人の熱狂」には、見城徹さんの熱い言葉が数多く書かれているんですが、

その中でも僕が気に入った言葉が、

 

「自分は今駄目になっている」と自覚することは1つの才能だ。年齢を重ねるにつれて社会的地位を得れば、人間は誰しも慢心する。「自分は駄目になってしまった」と自覚し、自己評価をあえて下げる。そうすれば、人はそこから成長できる。自己検証、自己嫌悪、自己否定がないところに進歩はない。

自分が言いたいことを一番的確に言い表すのはどの言葉なのか。朝から晩までのたうち回って言葉を探し、言葉を獲得するのだ。言葉がなければ思考はない。思考がなければ人生は拓けない。言葉によって人生の突破口は拓かれる。言葉を獲得した瞬間、思考は深まり、君の仕事は数十万人、幾百万人のもとへ確実に届くようになる。

努力を積み重ねて価値を集積していけば、ビジネスパートナーや得がたい戦友は向こうから近づいてくる。

感想を伝えるということに無頓着な人とは僕は付き合えない。感想を伝えることは、人間関係の最初の一歩だ。

GNO(義理、人情、恩返し)を大切にしない人間は、何事も上手くいかない。小さなことにクヨクヨし、小さなGNOを死守するのだ。

 

出典元:たった一人の熱狂 見城徹

 

これらです。

 

どうですか?

 

めちゃくちゃ熱くて格好良くないですか?

 

僕もいつかこんな男になりたい、こんな男と仕事をしたい。

そう素直に憧れる男が見城徹という人なんです。

 

ただその為には圧倒的な努力と行動を積み重ねなければいけないので、

先は果てしなく長いなと思います。

 

というか一生かかってもあんなカッコいい男になれるかどうか・・・

 

まあ悩んでいるくらいならとにかく一歩ずつでも行動に移していきたいと思います。

 

他にも沢山心臓を抉り取られるような熱い言葉があるので、興味があったら一読してみてはどうかと思います。

 

たった一人の熱狂/見城徹/幻冬舎文庫/の響かなかったところ

ただ、いくらカッコよくて憧れるとは言っても、

全部に共感するわけではありません。

 

人間は考え方が1人1人違いますからね。

 

ですので当然響かない言葉も出てきます。

 

圧倒的努力と破産してもいいという覚悟がなければ起業などすべきではない。

 

出典元:たった一人の熱狂 見城徹

 

それがこの言葉で、前半の圧倒的努力は僕も賛成です。

 

努力もできないような人が起業して、人より成功しようなんてちゃんちゃらおかしいですからね。

 

ですが後半の破産してもいいという覚悟は僕にはできそうもないし、そんな覚悟は持ちたくないと思っています。

 

というのも、僕は現在アフィリエイトというネットビジネスで独立して、1人で仕事をしているのですが、

僕がこの仕事を選んだのは、アフィリエイトは限りなく低いリスクから起業することができるからです。

 

先立つものはパソコン1台です。

 

アフィリエイトとは他人や他社の商品をインターネットを使って紹介し、

その紹介した商品が売れれば商品代金に対する数%から数十%を報酬として得ることができるビジネスです。

 

なので、一般のビジネスのように店舗を構える必要もないですし、

在庫を抱える必要も、自ら商品やサービスを考える必要もありません。

 

あなたが現在の生活や仕事に大きな不安を持っているのであれば、

アフィリエイトというビジネスほどリスクもないのに大きなリターンを得られる可能性のあるビジネスはないので、

興味があったら、まずは副業から始めてみてはいかがかと思います。

 

 

この業界は、初心者でも正しい方法で相応の努力を重ねることができれば、

冗談抜きで月収100万越えなんていう、普通の仕事では到底達成することができないような稼ぎを得ることができるんです。

 

しかも、収益化までの流れを仕組み化することによって、

半自動的に稼ぎ続けることが可能になります。

 

 

とはいえ、そこまでの仕組みを構築するのは決して簡単ではありませんし、

覚えることも沢山出てきます。

 

ですが、先ほども言ったようにリスクをほとんどかけることなく始めることができるので、

  • 今の生活から抜け出したい。
  • もっと稼げるようになって家族を守りたい。

 

そう強く思っているのであれば、是非躊躇なく飛び込んでほしいと思います。

 

破産をする覚悟なんていりません。

 

ちなみにアフィリエイトは、元ライブドア社長の堀江貴文さんが提唱するビジネス4原則の

  1. 小資本で始められる
  2. 在庫を持たないor少ない
  3. 利益率が高い
  4. 収入に継続性がある

 

これら全てを押さえたとても優れたビジネスモデルです。

 

このブログでは、アフィリエイトで脱サラして、

家族を守り続けられる実力を付けるための情報を発信しているので、

興味があれば他の記事も読んでみてください。

 

熱くなりたいあなたは一度読んでみるべき書籍です。

ということで、僕ごときが見城徹さんのような大人物の書籍を批評するなんて身の程知らずもいいところですが、

僕なりの感想を言うことで、少しでもあなたがこの書籍と見城徹という人物に興味を持って、

何かを変えようという決心をしていただけらこれほど嬉しいことはありません。

 

ですが、ただ読んだだけで

「あー面白かった。」

「俺も変わりたいなぁ・・」

 

と思っているだけでは当然1ミリも変わりません。

 

あなたが現状から脱却したいのであれば、

何を置いてもまずは行動を起こしてください。

 

たとえ小さな行動でも、続けることによって自信が付き、

その自信を徐々に大きくいていくことによって、結果を得ることができます。

 

継続は力なり。

 

この言葉は人生においてもビジネスにおいても非常に重要ですので、

決して忘れずに行動に移していただければと思います。

 

それでは今回はこの辺で。

 

田口

 

コンテンツ一覧はこちら

 

 

田口智樹無料メール講座

 

ネットビジネスのネの字も知らない初心者が1から稼いでいくには

ブログではちょっと公開し辛い話。

人知れず稼いでいる師匠の話。

稼いでいるアフィリエイターの真実。

 

そんな話をメルマガ限定で赤裸々に語ってます。


詳細はこちらから