どうも、田口です。

 

アフィリエイトで稼ぐには、1にも2にもまずは情報発信のためのブログが必要になります。

 

そして、ブログで情報発信をするには、どんなテーマ扱うか決めなければいけません。

 

そこで初心者が高確率で悩むのがブログのテーマの広さです。

 

そこで今回は、

ブログのテーマは絞る方がいいのか?それとも絞らない方がいいのか?

 

こんなテーマで話していきたいと思います。

 

初心者はブログのテーマを絞る方がいい?絞らない方がいい?

あなたが、できるだけ早く稼いで脱サラして、

家族との時間を一刻も早く手に入れたい。

 

そう思っているのであれば、ブログのテーマはできるだけ絞ることをお勧めします。

 

その理由が、

  • ターゲットのリサーチがやりやすい
  • 専門性が出しやすい
  • 一貫性を保ちやすい

この3点です。

 

初心者はブログのテーマを絞る方がターゲットのリサーチをやりやすい

まず1つ目の

 

  • ターゲットのリサーチをやりやすい

 

なんですが、

アフィリエイトで稼ぐ為には、

アフィリエイトする商品をあなたのブログに訪れる人たちに購入してもらわなければいけません。

 

つまり、人間相手にセールスを仕掛けるということです。

 

そしてその為には、あなたのブログのターゲットとなる人が

  • 何を求めているのか
  • 何に悩んでいるのか、

といったことを理解しなければいけません。

 

ターゲットの悩みや願望を理解していないのに、

ターゲットの欲する商品を販売するなんてことは不可能ですからね。

 

詳しくはこちらの記事を見てください

 

そこでターゲットの悩みや願望を理解するためのリサーチが必要不可欠になるんですが、

そのときにブログのテーマを絞らないで、

ダイエットなんていうざっくりとしたテーマだった場合どうなるのか?

 

ダイエットと一言で言っても、男性も女性もダイエット願望のある人は多いですし、

ダイエットしたい理由も様々です。

 

例えば、とにかくスリムになりたい女性だと、

筋トレで筋肉をつけながら痩せるための情報なんてのは必要とされませんし、

とにかく格好いい体になりたい男性に、

筋肉をつけずに痩せられる方法なんて情報を発信してもまるで響くことはありません。

 

この時点で、女性の方は、とにかく筋肉をつけずに痩せたいといった願望があるのに対し、

男性の方は、筋肉をつけて格好良く痩せたいという正反対の願望があります。

 

この二択だけならまだしも、ダイエットというジャンルにはその他にも様々な悩みや願望があり、

その理由も人それぞれです。

 

つまり、ダイエットという大雑把なテーマの決め方をした場合だと、

ダイエットしたい人全ての悩みや願望をリサーチしなければいけないということになります。

 

そんなことできませんし、もしできたとしても、リサーチの段階で膨大な時間を費やしてしまいます。

 

できるだけ早く脱サラしたいからアフィリエイトで稼ごうと決心したのに、

リサーチの段階で膨大な時間をかけるなんて無駄なことこの上ないですよね。

 

ですが、ブログのテーマを、アスリートのようなしなやかなで格好いい筋肉をつけながら痩せる方法、にして、

ターゲットを太っている20代男性にした場合だと、リサーチの範囲と難易度は段違いで低くなるのは言うまでもないと思います。

 

このように、ダイエットというジャンル1つにしても、

できるだけその範囲とターゲットを絞ることによって、

ターゲットの悩みや願望といったリサーチは格段にやりやすくなり、

その結果時間短縮となって、自ずとあなたの目的である脱サラも叶えやすくなるんです。

 

初心者はブログのテーマを絞る方が専門性を出しやすい

次のメリットが

 

  • 専門性を出しやすい

 

なんですが、

これはテーマをできるだけ絞ることによって、

その分そのテーマに関する情報を深く追求することが可能になるということになります。

 

先ほどのダイエットの例であれば、

ブログのテーマを絞らない場合だと、様々なダイエット法やそれに関わる情報を発信していかなければならない為、

どうしても1つ1つのダイエット法に関する情報が浅くなってしまうことに対し、

ブログのテーマをアスリートのような格好いい肉体を手に入れるためのダイエット法にした場合だと、

発信する情報は筋肉をつけながら痩せる方法に限られるため、

その分1つ1つの情報を掘り下げて発信していくことが可能になるんです。

 

そして、1つ1つの情報を掘り下げて、より専門性を持たせることによって、

その情報に価値を感じたターゲットは、よりブログのファンとして定着しやすいというメリットもあるんです。

 

ブログのファンになってくれた相手には、商品の価値を感じてもらうことも簡単になりますし、

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)によって高い反応を得ることも容易になります。

 

というか、ファンになってくれたということは、あなたのことを信頼しているということになるので、

そこから

「あなたの紹介する商品なら全部買いますから早く紹介してください」

なんていう仕掛ける側としては最高の顧客になってくれる可能性も十分にあるんです。

 

スポーツでいえば平均的な能力は高いけどこれといった武器がないという選手よりも、

他の能力は平均的だけど、誰にも負けない武器がある選手の方が計算しやすくプロにもなりやすいということです。

 

単純にその選手の方が華がありますしね。

 

ですので、あなたのブログに魅力と華を出させるためにも、

そしてより濃い顧客を獲得して長い期間アフィリエイトを仕掛けるためにも、

できるだけテーマは絞った方がいいということになるんです。

 

初心者はブログのテーマを絞る方が一貫性を保ちやすい

初心者がブログのテーマを絞った方がいい最後の理由が

 

  • 一貫性を保ちやすい

 

になります。

 

ネットビジネスでの稼ぎ方を発信しているブログだった場合、

初心者はすぐに結果を出しやすい転売から始めた方がいい。

 

と転売を勧める記事を書いていたのに、別の記事では、

 

アフィリエイトが一番一気に稼ぎを増やすことができるから、初心者こそアフィリエイトから始めた方がいい。

 

なんてことを言っていたらどう思いますか?

 

「こいつブレブレだな」

 

ってなりますよね。

 

そんなブレブレの情報発信をしているブログは、

ターゲットにも決して信頼されることはありませんし、

その結果、アフィリエイトする商品を購入してもらうなんて不可能だということは言うまでもないと思います。

 

このように、ターゲットから信用を得るためには、

一貫性のある情報発信というのは絶対破ってはいけないポイントになります。

 

とはいえ、ブログのテーマを絞らないと一貫性を保つことはできないということではありません。

 

ですが、ブログのテーマを広げれば広げた分だけ確固たる信念が必要になり、

その情報発信の難易度は自ずと高くなってしまいます。

 

細心の注意を払いながら情報発信をしていかなければ、

気が付かないうちに一貫性がなくなり、一瞬のうちに築いてきた信頼が0になるなんてことも十分考えられますからね。

 

信頼を得るのは長い時間を必要としますが、その信頼は少しの間違いで一瞬で失ってしまいます。

 

そして一度失った信頼は、直接顔を合わせないアフィリエイトでは取り戻すのは不可能だと思ってください。

 

最初からそんなリスクを背負うことはデメリットでしかありません。

ですので、まだ情報発信になれていない初心者のうちはできるだけテーマを絞るのが賢明だということになります。

 

初心者はブログのテーマを絞る方がいい?絞らない方がいい?のまとめ

ということで、初心者の段階では

 

  • ターゲットのリサーチがやりやすい
  • 専門性が出しやすい
  • 一貫性を保ちやすい

 

この3点から、ブログのテーマは絞った方がいいということになり、

それぞれの解説をしてきました。

 

とはいえ、稼いでからもずっとブログのテーマを絞ったままにしていなければいけないというわけではなく、

そこからテーマの範囲を徐々に広げていくことも十分に可能になります。

 

しかし、ブログのテーマを広げた結果一貫性がなくなってしまい顧客が離れてしまった。

なんてことになったら元も子もないので、

テーマを広げる場合は可能な範囲で徐々に広げていくのが、

戦略面でも一貫性の面でもより容易になります。

 

ですので、もしテーマを広げる際はあなたが無理なく進められるよう少しずつ実践するようにしてください。

 

とはいえ、この記事を読んでいる段階ではまだまだそんなことは考える余裕はないと思うので、

まずは脱サラするための確固たる稼ぎを得るにはテーマをできるだけ絞ってブログを作成する。

 

こちらを意識しながら実践に移ってもらえればと思います。

 

それでは。

 

 

田口

 

 

コンテンツ一覧はこちら

 

田口智樹無料メール講座

 

ネットビジネスのネの字も知らない初心者が1から稼いでいくには

ブログではちょっと公開し辛い話。

人知れず稼いでいる師匠の話。

稼いでいるアフィリエイターの真実。

 

そんな話をメルマガ限定で赤裸々に語ってます。


詳細はこちらから