どうも、田口です。

 

一般のビジネスはもちろん、アフィリエイトのようなネットビジネスでも、

最高の効果を得られることのできるDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

 

そんなDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を、

実際にアフィリエイトに活かすにはどのようにすればいいのか。

 

そんなことを今回は解説していきたいと思います。

 

今のうちに言っておきますが、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を活かせるのかどうかで、

この先あなたがネットビジネスで稼げる金額は天と地ほどの差が出ます。

 

僕は最初からDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を取り入れ、活かせていたので、

稼ぎ出してからここまで順調にこれましたが、

そうじゃなかったら、今頃は普通に会社勤めをしていたはずです。

 

 

なのであなたがネットビジネスで本当に稼ぎたいのなら、

絶対に取り入れ、活かしてほしいと思います。

 

信頼関係構築型のマーケティング手法

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは一言で言うと、

 

信頼関係構築型のマーケティング手法

 

といったかんじです。

 

客と信頼関係を築きながら商品を売り上げていくので、

リピーターやファンになってもらい易く長期間安定して稼いでいくことが可能になります。

 

そんなDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)は3つの要素で構成されていて、それが

 

  • マーケット
  • メッセージ
  • メディア

 

この3つで、それぞれの頭文字を取って3Mといわれています。

 

この3MはDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)だけではなく、

アフィリエイトやその他のネットビジネスにおいても非常に重要な要素で、

どれか1つでも欠けてしまえば稼いでいくことは不可能になる。

というほど大事です。

 

この3Mについてはこちらの記事で解説しています。

 

 

そしてその3Mを基に実践していくのが、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)です。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の3段階の流れ

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)にはおおまかな流れがあり、それが

 

  1. 販売者の情報、サービスに興味を示してくれる人のリストを集める
  2. 集まってくれた人たちに対して更なる有益な情報を提供して信頼関係を構築していく
  3. 信頼関係を構築することができた人に対してその人の為になる商品を紹介、提供する

 

この三段階です。

 

流れ自体は3つしかなく、とてもシンプルですが、

だからといって適当にやるだけでは結果を出すことはできません。

 

あなたが何かしらのスポーツ経験があるのならわかると思うんですが、

それぞれのスポーツの基礎ってとてもシンプルなものですよね?

 

だけど、そのシンプルな基礎をしっかり身につけないと、

どんなスポーツでも上達することはできないし、ましてや大きな結果を出すことなんて到底できないですよね?

 

どんなスポーツでも結果を出せる人ってのはとんでもなく基礎の技術が高いです。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)もそれと一緒だと思ってください。

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)で結果を出しているトップアフィリエイターは、

1段階1段階がしっかり戦略を立てて作りこまれています。

 

だからこそ彼らは月収数百万といったステージにたどり着くことができているんです。

 

もちろん僕も例外ではありません。

 

「たまたまそいつに才能があっただけだろ」

 

なんてことを思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

というのも、トップアフィリエイターの人たちだって稼ぐ前は極々普通の人間だったんです。

 

彼らだって元は普通の会社員、フリーター、学生。

そんな人たちばっかりです。

 

今のあなたとどこか違いますか?

 

一緒ですよね?

 

じゃあなんで彼らは稼ぐことができたのか?

 

それは正しいやり方を知って実践し続けたからです。

 

そこに才能なんて物は関係ありません。

 

正しいやり方で実践し続ければ誰だって稼ぐことができるんです。

 

ただやるかやらないか、

それだけです。

 

それに才能がないと稼げないんだったら僕は今頃、

こんな感じでパソコンポチポチ叩きながら自宅でのんびりできていませんからね。

 

ド底辺だった僕にもできたんです。

 

あなたにできない理由は全くありません。

 

とはいえ、やっぱり初心者のうちは難しいです。

 

なので、初心者のうちは基本的なスキルも覚えながら、

なおかつできるだけ作業がスムーズに進む方法を選ぶのが、

一番ネットビジネス初心者にとっては無理なく稼いでいくことができます。

 

で、そのやり方をこのブログや僕のメルマガでは発信していますんで、

ちょっとずつでもあなたの中に落とし込みながら実践してもらえたらとても嬉しく思います。

 

無料メール講座はこちらです。

 

ちょっと話が違う方向にきてしまったんで、

話を戻してDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の3段階の流れを1つ1つ説明していきます。

 

販売者の情報、サービスに興味を示してくれる人のリストを集める

まず1段階目が

 

販売者の情報、サービスに興味を示してくれる人のリストを集める

 

なのですが、

簡単にいうと売りたい商品に興味を示してくれる人の情報を入手するということになります。

 

アフィリエイトブログにおける客の個人情報とはメールアドレスのことです。

 

客のメールアドレスがなぜ必要になるのかというと、

あなたが発信する情報を段階を追って届けることができるからです。

 

この段階を追って届けるというのがDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)では非常に大事になります。

 

その理由は後ほど解説させていただきますが、

じゃあメールアドレスなんてどうやったら入手することができるのかというと、

あなたのブログに集客して、

あなたのメルマガに登録してもらうことで入手することができるんです。

 

つまり、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を仕掛けるためには、

ブログとは別にメルマガも配信しなければいけないということになります。

 

最低でもブログとメルマガの2つを使い情報発信をしていくんですね。

 

ただ、初心者だとブログとメルマガ、2つも使って情報発信できるほどネタがない。

 

そう不安に思って、まずはブログだけで情報発信をしてなれたらメルマガを使えばいい。

 

なんて事を考えがちなんですが、正直言ってそれは相当勿体無いです。

 

ブログだけで情報発信をしていくということは、客のリストを得られないということになるからです。

 

例えば、あなたのブログの記事を面白いと思った人がいたとして、

その人が次もまた見に来てくれるとは限りませんよね?

 

面白かったけどブックマークするのを忘れてしまうかもしれません。

 

もしかしたらその客はあなたにとっていい客になってくれていたのかもしれないのにです。

 

逆にあなたがブログとメルマガで情報発信をしていて、その客にメルマガ登録をしてもらえていたら?

 

メルマガによってあなたから情報発信することができて、そしてあなたが客から信用を得ることができれば、

1回どころかこの先何回もあなたから商品を買ってもらえる可能性があるんです。

 

そして、そんな関係があなたのメルマガを解除されるまでずっと続くんです。

 

つまりブログだけの情報発信だったら1円も報酬を得られなかったかもしれないのに、

メルマガも配信していることによってその客から、

この先数万円、もしかしたら数十万円もの報酬を得ることができるかもしれないんです。

 

それが何十人何百人と積み重なっていったとしたら収入の差は膨大になってしまうというのは想像に難くないですよね。

 

要するに、リストを得られないということはその場だけでなく、将来的に得られるはずだった報酬も自ら垂れ流してしまっているということになるんです。

 

考えただけでもゾッとしませんか?

 

よく言われているのが江戸時代の商人の話です。

 

江戸時代の商人は、火事になったときに在庫の商品ではなく顧客情報の詰まった帳簿を真っ先に井戸に投げ入れて、

帳簿が焼けてしまうのを防いでいたといいます。

 

たとえ店や商品が燃え尽きてしまっても、

顧客名簿さえあればその顧客達にまた何回も売り込みをかけることができるからです。

 

そうすることによって、火事で店や商品を失ってしまったとしても、

また何度でも再起して稼いでいくことができると理解していたんです。

 

このようにリストというのは、アフィリエイトのみならずビジネスで稼ぐことにおいて最も重要な物だということになります。

 

そしてそんなリストを入手するにはメルマガは絶対必要な物なんです。

 

なので、あなたがメルマガは面倒だと思って二の足を踏んでいたのであれば、

その必要性をもう1度よく考えてみるといいと思います。

 

集まってくれた人たちに対して更なる有益な情報を提供して信頼関係を構築していく

2段階目が

 

集まってくれた人たちに対して更なる有益な情報を提供して信頼関係を構築していく

 

になります。

 

これは1段階目で入手することのできたリストに対して、

その人にとって有益な情報を提供することによって信用を得るということです。

 

そして、このときに間違っても絶対にやってはいけないのが、

いきなり商品を売り込むことです。

 

人間が購入という行動に移るまでには

 

興味、関心→信用、信頼→購入

 

といったような段階を踏んでいきます。

 

この購入に至るまでの心理の流れをDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の流れに当てはめると、

1段階目のリストを得るというのが興味、関心の心理を超えた段階です。

 

その次は信用、信頼の壁を越えなければならず、それが

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)における2段階目の

集まってくれた人たちに対して更なる有益な情報を提供して信頼関係を構築していく

になるんです。

 

その段階をすっ飛ばしていきなり売り込みをかけても、

けっして購入なんてしてはくれません。

 

例えば、あなたが興味が湧いたアフィリエイターのメルマガを登録したときに、

1発目から商品の売込みをされたらどう思いますか?

 

もうガッカリですよね?

 

「メルマガでどんな情報を教えてくれるんだろう、」

 

とウキウキしていたのにいきなり商品の紹介なんかされたら

 

「結局それか」

 

ってなると思います。

 

そしてそのメルマガを解除する。

 

なので、客にあなたが紹介する商品を購入してもらうには、

決して焦って売り込みをかけてはいけません。

 

客にとって役に立つ情報を何回も届けることによって、

その客からの信頼を得なければいけないのです。

 

その信頼を得ることで初めて次の3段階目へ進むことができるんです。

 

信頼関係を構築することができた人に対してその人の為になる商品を紹介、提供する

最後が

 

信頼関係を構築することができた人に対してその人の為になる商品を紹介、提供する

 

です。

 

先の2段階目までであなたは客の信用、信頼を得ることができました。

 

客はあなたからのメルマガによって、

客自身の悩みや願望、

そしてそれを解消したり叶えるためには何をすればいいのか、

何が足りないのかを理解することができました。

 

そしてそんな情報を教えてくれたあなたに対して信用、信頼といった感情を抱いています。

 

そんな客に対してあなたが次にすべきことは、

その客の悩みや願望を解消、そして叶えることのできる商品を紹介することです。

 

信用、信頼しているあなたから商品を紹介されることによって、

客はその商品を購入します。

 

そして、客がその商品に満足することができれば更にあなたのことを信用、信頼するんです。

 

別の商品を紹介したときには、

 

「あなたが紹介する商品なら間違いない。」

 

と、商品を何度も購入してくれるようになります。

 

この一連の流れを何度も繰り返していくことによって、

顧客1人1人の単価は上がっていき、

更にその人数を1人、また1人と増やしていくことによってあなたは長期間安定的に稼いでいくことができるんです。

 

あなたは稼ぐことができ、

顧客は悩みや願望を解消、叶えることができる。

 

まさにwin-winの関係です。

 

ただ、信用や信頼というのは得るのに時間がかかりますが、

失うのは一瞬です。

 

そして1度失った信用や信頼はよっぽどのことがない限り取り戻すことができません。

 

しかもネットビジネスに至っては、

失った信用、信頼を取り戻すのは不可能だと思ってください。

 

僕も会社員だったときに信頼していた社長から裏切られました。

 

そのきっかけは本当に些細な一言でしたし、

社長本人も何気なく発した言葉だと思います。

 

しかし、社長にとっては意識してない何気ない一言でも、

僕にとっては会社への10年の貢献に対する明らかな裏切りの一言だったのです。

(貢献と入っても言われた仕事をしていただけですけどね)

 

そうやって崩れた信用と信頼は、

2度と構築することはできませんでした。

 

一般の会社でさえ信頼関係を築きなおすことが不可能だったのですから、

ネットビジネスのような顔を合わせることもできない相手の信用と信頼を取り戻すことなんてどう考えても不可能だとは思いませんか?

 

ですので、報酬単価が高いからといって、

あなたが自信を持って勧められないような商品は紹介しないでください。

 

あなたは上手く紹介できたと思っていても、

相手はそれを敏感に察知しますし、

その時は上手くできてもいつかは必ずボロがでます。

 

これが、僕が最初にDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

 

信頼関係構築型のマーケティング手法

 

といった一番の理由です。

 

ビジネスをする上で、信頼関係というのは何よりも収入に繋がります。

信頼関係がある限り何度でも商品を購入してくれるからです。

 

シンプルでありながらも奥が深く、最強のマーケティング手法

 

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

 

ネットビジネスに限らずどんなビジネスでも応用していくことができるので、

覚えておいて決して損することはありません。

 

それでは。

 

田口

 

 

コンテンツ一覧はこちら

 

 

田口智樹無料メール講座

 

ネットビジネスのネの字も知らない初心者が1から稼いでいくには

ブログではちょっと公開し辛い話。

人知れず稼いでいる師匠の話。

稼いでいるアフィリエイターの真実。

 

そんな話をメルマガ限定で赤裸々に語ってます。


詳細はこちらから